FC2ブログ

2017/07/17 (Mon) 20:33
ブルーリフレクション全クリ

すごいノスタルジー



多分30時間ぐらいかな。
まず全体的な感想としては、
ヒナコちゃん可愛い、ってところですね。
なんといってもヒナコちゃんが可愛いんですよ。
メル先生の描くJKとかね、マジでもうJKの良い汗のにおいがするというか、
その汗を飲み干したいというか。
ヒナコちゃんの使った湯船のお湯を飲み干したいというか。
そんなヒナコちゃんを愛でるゲーでしたねこれは。
他のキャラももちろん可愛かった。
やっぱ岸田メルの描くJKは最高すぎる。

ストーリー的なところの感想だと、
RPGっていう仕様上とお話の規模の関係で同じことの繰り返しのようなストーリーなんだよね。
問題発生→主要人物が発狂状態に→コモンに行って解決だ!っていう。
最後までプレイすると、このゲームのお話はヒナコちゃんを救うための物語だったんだと思うね。
結局最後の願いってのは物理的なものでなく、精神的なものであれば叶うものだったから、
バレエが出来るように足を治すってのは無理だったし、恐らく今後の人生でバレエの道は歩めないんだと思う。
それでも絶望せずに生きていくには仲間が必要でした。だから仲間を作る力を与えました、っていうお話。
正直ヒナコちゃんがバレエをあきらめ切れるのか不安だけどね。
本当にそのためのストーリーだったね。
あとあの高校の放課後の夕暮れのあのノスタルジーな感じ。
あれがとても身にしみたね。

絆シナリオはかなり面倒くさかった。
何回もデートに行かなきゃだし、ボイスもないし、キャラによってはかなり適当だし。
ただ史緒の横文字を使いたがるヒナコちゃんは妙に可愛かった。
デスマのこだわりようがすごい面白かった。


戦闘に関してはハードでやったけど、ハードで丁度良かった。
ノーマルじゃ多分ヌルゲーになると思う。
このゲームスキルは沢山あるけど正直なところそのうち使うのは2割ぐらいなんだよね。
だいたいは使ってみるとやけに弱かったり、他のキャラが上位互換スキル持ってたりするからね。
特に状態異常系攻撃は必要ない。
あんな決まるか不確定なスキル打つならバフかノックバック攻撃したほうがマシっていうね。
やりこみ系のボスもいないし、そもそもやりこみ要素が皆無だから本当にストーリーを楽しむゲーでした。


キャラはなんといってもヒナコちゃんが可愛い。
声も合ってたし、悩めるJKっぷりが見ててハラハラドキドキでした。
ただ相方のユズは良かったけどライムがな・・・。
声が明らかに合ってないし演技力も低いし。たまにババァっぽい声だし。
キャラもちょっとウザい感じがあるんだよな。
サブキャラは、しほり、かおり、史緒、ちひろが好み。
まさかしほりがあそこまでの百合っぷりだとは思わなかった。

あとキャラのモデルだけど光の当たり具合にもよるけど、微妙に不気味に見えるんだよね。
もっとメルせんせーの立ち絵とか見たかったな。
それと変身バンクがくそださい。
戦闘衣装も3Dに起こすとすごいダサく見える。
なんなんだろうなあれ。


全体的にはそこそこ楽しめたかな。
ただ空気感とキャラがメインだけどね。
あとBGMもかなり良かった。特に原種戦のBGMのワブルベースとピアノはいいね。
サントラぽちりたい。
と思ったらプレミアムセット同梱の非売品じゃねぇか・・・。
市販してくれよ・・・。
いつか出ることを信じて・・・。
スポンサーサイト

<< FAガールズおもろかった・・・。 | ホーム | 冷房始めました。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP